ハゲは遺伝する?ハゲの原因と予防のための方法

父親や親戚などにハゲが多いと、遺伝するのではないかと若い頃から心配になってしまうものです。
そして、実家に帰る度に、父親の髪の毛の量をチェックしてしまうという方もいるかもしれません。
では、実際にハゲは遺伝するのかというと、確かに100%遺伝はしないとはいいきれないのが事実です。
しかし、それはハゲそのものが遺伝するのではなく、男性ホルモンの分泌量などハゲを引き起こしやすい体質を受け継ぐ可能性が高いということですので、事前にそれを知ったうえでしっかりとしたヘアケアを行えば将来的にハゲになることを防止することができます。
その方法として、まず知っておきたいのが育毛剤や育毛シャンプー、サプリメントや医薬品などの使用です。
現在は様々なタイプの商品が販売されています。
それらの中でも、特に注目したいのが脱毛物質であるジヒドロテストロンの発生を抑える事ができるものです。
ジヒドロテストロンの発生は、先述したように男性ホルモンの分泌量などの遺伝的要因が大きく関係しており、男性型脱毛症AGAの原因となるものです。
なので、その予防としてこうした作用のあるものを使っておくことがハゲの防止に効果があるかもしれないのです。
また次に気をつけたいのが食生活や生活習慣です。
この二つは体質改善に非常に有効的ですので、髪の毛によいとされる食材の摂取を心がけ、ストレスや喫煙、睡眠不足など髪の成長を妨げる生活習慣をなるべく避けて、健康的な生活を送ることでハゲになりやすい体質を改善していくとよいでしょう。
ハゲは防止することができますので、遺伝だからと諦めないことが大切です。

●簡単にできる初期段階の薄毛対策
なんだか最近髪の毛のボリュームが減ってきているなどと、徐々に毛が薄くなってきている事に悩んでいる方もいますよね。
そんな方に簡単にできる薄毛対策を紹介します。
ただこれらは、薄毛の初期段階の対策です。
それと紹介する方法は、内容の薄っぺらい世間の常識程度の方法なので、あまり期待しないでください。
まずは、食べ物で対策する方法です。
よく昆布や海藻類は髪の毛にいいと聞きますよね。
海藻類に含まれているミネラルは、髪の毛の成長に必要な栄養素です。
昆布の入った味噌汁を、日々の食生活に取り入れましょう。
次に髪の毛の洗い方です。
力任せにゴシゴシと洗っていませんか。
髪の毛を洗う時は、優しく洗いましょう。
先ほどの通り、この程度の方法で対策できるのは、初期の段階の薄毛です。
既に薄毛が深刻な段階に至っている方は、治療を受けるなどの他の対策方法を検討した方がいいでしょう。